DBSについて知る

DBSとはどのような治療?

DBSはDeep Brain Stimulationの略で、日本語では脳深部刺激療法と言います。

DBS療法で使用する医療機器は以下の植込み型の装置で構成されています。

  • 神経刺激装置
  • リード(刺激電極)
  • 延長用ケーブル(エクステンションまたはアダプタ)
  • 患者用プログラマー

リードは脳深部のターゲットに挿入する刺激電極で、先端に4つの刺激電極が付いています。このリードと、通常は前胸部の皮下に植込まれる神経刺激装置の間を、皮下を通した延長用ケーブルで結びます。従来の凝固手術では、脳深部にある過剰に活動している神経核を破壊することで症状を改善していましたが、DBSでは破壊する代わりに電気で高頻度刺激を行い、目標とする神経核の細胞活動を抑制します。

DBS治療は約25年以上の歴史があり、世界中で15万人以上の患者さんがこの治療を受けています(2018年4月)。 日本では2000年4月に保険適用となりました。

治療の流れを簡単に説明します。

@ 治療の相談・治療方法の選択

この治療や植込み手術の方法、植込み後のことについて医師からよく説明をお聞きください。薬物療法も患者さんごとに合うお薬が異なるように、手術療法も合う患者さんと合わない患者さんがいます。また、治療のターゲットを脳内のどの部位にするのかも、患者さんによって異なります。手術による治療が患者さんに適しているかどうかを判断するために、主治医と手術の担当医、患者さんとその介護者の間で、十分な意思疎通をはかる必要があります。

A 術前検査

手術を受ける前に、様々な検査を行います。症状の変動が著しく、外来での評価が難しい患者さんは、短期間入院して症状を評価することもあります。手術の日が近づくと、医師が薬の服用方法について患者さんに指示を出すことがあります。

B 手術

具体的な方法は、「DBS手術の内容」をご覧ください.術前検査や術後の刺激条件の調整を含めて、2〜3週間の入院が必要です。

C 退院・通院

退院時には、今後の治療の進め方と通院の日程が決められます。手術直後はリードを挿入したときの影響で、電気で刺激しなくても治療効果を認めることがありますが、挿入時の影響は2〜3カ月でなくなります。このため、手術後2〜3カ月は頻回に外来を受診していただき、刺激条件を調整する必要があります。刺激条件は一度定まってしまえば、多くの場合その後は半年〜1年に1回程度の調整ですみます。 神経刺激装置の電池残量のチェックも必要になりますので、通院、受診の時期については、医師にご相談ください。

執筆藤本 健一 先生(自治医大ステーション・ブレインクリニック 神経内科)

 

ページトップ