DBSについて知る

DBSにかかる費用

DBS療法には公的医療保険が適用されており、高額療養費制度の対象となっています。これは、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月初から月末まで)で一定額を超えた場合に、超過分支給される制度です。治療前に所定の手続きを実施して、窓口負担が自己負担限度額までとなる制度もあります。詳しくは加入している公的医療保険や治療を受けている医療機関にご確認ください。

執筆藤本 健一 先生(自治医大ステーション・ブレインクリニック 神経内科)

ページトップ